こんな業者には注意してください!

お客様の大切な家に手を加えていくわけですから、お願いする業者選びはとても大切になります。このページでは、少しでも業者選びの参考になればとの思いで、実際に起こっている手口や業界に多いクレームなどを掲載してますので是非ご覧下さい。


1つ目は、金額が破格に安い!という業者です。

最初に激安の見積りを見せて関心を惹いておいて、実際にはそれよりも高い商品を薦めてきます。「おとり商法」と呼ばれ、畳の業界などでも被害が拡大してきています。

信頼できる業者なら、最初から適切な金額の商品をお薦めする筈です。予算に見合った商品を薦める、無理やり高額商品を持ちかけないような業者を選びましょう。

激安商品には必ず裏があるものです。安物買いの銭失いにならないよう、安さの裏にある危険性を見極めてください。激安価格のチラシには目を奪われがちですが、実際に連絡してみると「限定品でもう売り切れた」などと言って、別の商品を売りつけようとしてくる場合もあります。

チラシの金額は商品代のみだと言って、後で運搬費や作業代などを請求してくる場合もあります。


2つ目は、あまり説明をしない業者が挙げられます。

畳・襖や障子の張り替えなどの会社を開業する際には、特に許可は必要とされていません。なんの実績、技術もない業者もいるという事です。
実際にやってきた営業や作業の人間が明らかに素人で、詳しい質問には全然こたえられないとか、店の場所を教えてくれないとかそういう業者は避けましょう。

また遠方の業者も、すぐにできると言って数日畳や網戸などを持って行ったままになってしまう事がありますので、地元の業者を選ぶ方が賢明です。畳の場合なら「一級技能士がいる店」に依頼すると安心だと思います。



3つ目には、サービス的業務を怠る業者。

畳店はお客様宅に入って様々な作業を致します。「家具の移動」「納品前の新しい畳の拭き取り掃除」などなど、当たり前に畳店がやるべき事を全ての畳店が出来ていない現状があります。

本来、お客様に負担をかけずに畳を替えるのが畳店の仕事です。



当店では、確かな技術と知識を持って、お客様のご期待に応えられる仕事を心がけております。ご不明な点、ご相談など気になる点はどんどんご相談ください。
contact